アラサーOLさきのJGCへの道

アラサーOLがゆるくJGCを目指す。ひとり旅のあれこれを記録

【搭乗記】JAL ファーストクラス 羽田→福岡 JL317

ここ最近初めて尽くしです。

 

今回は初めてのファーストクラスです!

 

場違い感が半端ではなかったですが、貴重な経験になりました。

また乗るためにばりばり働くぞ!とモチベーションを持つことができました。

 

目次

 

保安検査場

ファーストクラスを利用する場合は、ダイヤモンド・プレミア専用保安検査場を利用できます。

 

憧れの「F」のマークがついた入りにくい扉を抜けると、カウンターの奥に専用保安検査場があります。

 

カウンターのスタッフさんの挨拶に委縮しつつ進むと、前に1人しか並んでいない保安検査場がありました。

 

保安検査場の端末にチケットをかざすと、発行される搭乗案内に「FIRST CLASS」と印字されます。

 

本当に秒速通過でした。

 

ラウンジ

専用保安検査場とラウンジはつながっています。

 

「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」は、サクララウンジよりさらに落ち着いている感じがしました。

f:id:saki1031:20180716150827j:plain

 

私が行った時間は、おじさま(と、その連れのマダム)ばかりで、私は完全に浮きました。

 

飲み物

ビールは、サクララウンジよりワンランク上のものが揃っています!

プレミアムモルツ、エビス、アサヒの熟撰というラインナップ。

 

ビールに夢中だったので、その他の飲み物を見逃しました。笑

 

食べ物

サクララウンジにはない軽食があります。 

 

おにぎり、パン、お味噌汁、スープなど。

パンはメゾンカイザーのものです。

 

f:id:saki1031:20180716150836j:plain

ビールと担々風スープを頂きました。

 

11:30になるとカレーパンが提供されます。

f:id:saki1031:20180716151215j:plain

 

このカレーパンが人気で、出されてすぐになくなり、すぐに補給されていました。

カレーがぎっしり入っていておいしかったです(これもビールに合う)。

 

機内食に備えてお腹に余裕を残して出発しました。

 

機内の座席

ひろい!!

f:id:saki1031:20180716151151j:plain

 

前方のポケットに手が届かず不便、と思ったら、、、

f:id:saki1031:20180716151200j:plain

座席のサイドにも冊子を入れられるスペースがありました!かゆいところに手が届く気遣い。

 

座席には食事のメニューが添えられていました。

f:id:saki1031:20180716151207j:plain

 

食事・飲み物

着席して落ち着くとCAさんがご挨拶に来てくださいます。

このときのコミュニケーションも、慣れないと気恥ずかしいですね・・・!

 

離陸前に飲み物と食事の要否を聞いてくれて、ベルトサイン消灯後すぐに提供されます。

 

食事は固定で洋食、飲み物はシャンパンを頂きましたー!

f:id:saki1031:20180716151601j:plain

 

前菜とシャンパンがすごくよく合って、ゆっくり食べていたら慌てる展開に。

周囲の人がどんどん食べ終わる中、なかなか食べ終われず。

 

さらにこの日は、揺れが予想されていたので、早めにベルトサインが点灯しますと機長から予告がありました。

 

プレッシャーの中必死に食べて、なんとか食べ終わりました。

そんな中でも食後の飲み物の要否を聞いて頂いたりしたので、おもてなしすごい・・・!と思いました。

 

まとめ

 

このような状態で、食事を頂いていたらあっという間に福岡に着きました。

 

保安検査場やラウンジ含め、こんなに効率的に、快適に過ごせるのなら、クラスJとの差額7,000円の価値はあると思います!

 

福岡線の食事はやや慌てたので、沖縄線であればもう少しゆっくり食べられるのか、次回検証します!笑