アラサーOLさきのJGCへの道

アラサーOLがゆるくJGCを目指す。ひとり旅のあれこれを記録

【宿泊記】ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城

JGC修行が完了し、まったりと過ごしております。

 

7月に毎週のように飛行機に乗って出かけていたのが懐かしい・・・!

 

今回は、JGC修行の一環で行った沖縄で滞在したホテルについての備忘録です。

 

www.around30ol-jgc.com

 

こちらの記事で書きましたが、一泊につき5,000円分のレストランクレジットがつくプランで、ダブルツリーバイヒルトン那覇首里城に泊まりました。

 

結論としては、食事も含めすべてホテル内でまかなえるため、ゆっくり滞在するにはぴったりのホテルでした。

 

目次

 

アクセス

ゆいレールの安里、市立病院前、儀保、首里駅の各駅から車で5~10分。

公式によると最寄駅は首里駅のようです。

 

ホテルまでの道のりは急な勾配があるため、徒歩はきつく、タクシーの利用が前提になると思います。

 

なので、車がない人にはアクセスがよいとは言えません。。。

 

夕方から夜にかけては、国際通りへのシャトルバスが出ます。

片道100円で利用できるので、車なし・ひとり旅の私にはとても便利でした。

 

お部屋

泊まったお部屋は「ツインプレミアルーム」でした。

f:id:saki1031:20180812124340j:plain

2017年にリニューアルされたとのことで、ぴかぴかでした。

ツインなので、例によって一人では持て余す広さです。

 

窓は出窓のようになっていて、遠くに海も見えます。

 

 

スーツケース置き場は、デスク横の便利な位置にあります。

f:id:saki1031:20180812124258j:plain

 

水回りはリニューアルされていなそうな雰囲気でしたが、清潔に保たれていました。

f:id:saki1031:20180812124316j:plain

 

このシャワー横の小物を置けるスペースが、使いやすかった!

f:id:saki1031:20180812124324j:plain

 

私は使いませんでしたが、イオンスチーマーもありました。

f:id:saki1031:20180812124307j:plain

女子が喜びそう。

 

レストラン

レストランクレジット付きのプランでしたので、ホテル内のレストランを使い倒しました!

 

ちなみにレストランクレジットは、代金を部屋につけておいて最後に合算して精算、というのはできず、1つのレストランで5,000円分を使い切る、というものでした。

 

中国料理「舜天」

夕食で利用しました。

 

広東料理の中に沖縄の食材が使われていて、沖縄気分を味わえるお店でした。

 

なお、メニューの表記上は「コース料理は2名様より」と記載されていましたが、店員さんによると1名からでもOKとのことでした。

 

せっかくコースをおすすめ頂きましたが、いろいろ試したかったのでアラカルトにしました。

 

前菜のゴーヤ。

f:id:saki1031:20180812124542j:plain

 

エビのマンゴーソースがけ(だったと思う)。おいしいし見た目もかわいい。

f:id:saki1031:20180812124534j:plain

 

日本料理「富士」

こちらも夕食で利用しました。

落ち着いた雰囲気の中でやさしい味の和食が頂けます。

 

今回は牛の陶板焼きのセットにしました。

f:id:saki1031:20180812125135j:plain

お刺身とお肉を同時に頂ける幸せ。

 

食事中、トラブル(?)が発生したのですが、店員さん側から代替案を提案してくださり、おいしく食事させてもらえました。

 

当初、ホテル内のレストランの夕食で女子一人だと浮いてしまうかしら、と懸念していましたが、上記どちらのお店でも私以外に2人以上のひとり女子がいました。

 

同志!と思いながら黙々と食事しました。笑

 

グランドキャッスルカフェ&ダイニング

滞在中の朝食はこちらで。また、カフェでランチをしました。

 

朝食は、ヒルトンオナーズゴールドメンバーの特典で無料で頂けます。

 

朝食時は長い列ができていましたが、ゴールドメンバーは優先で入れてもらえました。

そして、奥のほうの眺めのよい席に案内してもらえました。

f:id:saki1031:20180812124848j:plain

 

朝食は品数が豊富で、「これぞホテルの朝食ビュッフェ!」という感じでした。

 

ヒルトンオナーズメンバー限定のオーダーメニューもありました。

f:id:saki1031:20180812124855j:plain

コーヒーはポットで置いておいてくれるので、おかわりしやすいです。

 

オムレツはその場で具材を選んで作ってくれるパターンで、こちらも長い列ができていました。

 

もちろん沖縄料理も豊富でした。

 

カフェを利用した昼食時は、ハンバーガーを頂きました。

肉汁たっぷりでボリューミーでした。

 

なお、ウェルカムドリンクは、こちらのカフェと最上階のバーのどちらでも頂けます。

バーは景色が素敵でしたが喫煙可のようだったので、個人的にはカフェ側がおすすめです。

 

プール

せっかくプールがあるとのことなので、利用してみました!

f:id:saki1031:20180812124841j:plain

 

通常のプールと幼児用の浅いプールの2種類がありました。

この広さで監視員さんが常時3人いるようだったので、安心ですね。

 

まわりにはデッキチェアがあり、ゴロゴロできます。

デッキチェアにはパラソルもついていましたが、強風のときは広げられないので、日焼け対策は必須です。

 

公式HP上はタオルの貸し出しは有料と書いていましたが、宿泊者は無料のようでした。

 

まとめ

このように、車がない人にとってアクセスがいまいちではあります。

しかし、食事したりプールに入ったりと、すべてホテルの中で完結でき、充分に楽しめました。

 

那覇のダブルツリー系列の使い分けとしては、

  • 車あり or 家族連れ or まったり希望 →ヒルトン那覇首里城
  • 車なし or 一人旅 or ガツガツ観光希望 →ヒルトン那覇

となるのではないでしょうか。

 

まったり派の私としては、次回もダブルツリーバイヒルトン那覇首里城を選ぶ可能性大です。